困っているなら弁護士に相談

今の労働条件に不満を感じることはないでしょうか?
規定違反と言えるような、残業の量や上司からのパワハラなども、現在の日本では起きるようになってきました。
以前の景気の良い日本であれば、残業があったとしても、それに見合うような残業代が支給されていたので、納得できる部分もありました。
しかし景気が衰退してからというもの、残業を行なったとしても、なかなか残業手当が支給されず、タダ働きさせられるということも増えてきています。

こうしたストレスが重なり、病気になってしまうような方も少なくありません。
こうした状況で、日本人が取ってしまう行動の1つが、泣き寝入りというものです。
ただただ我慢して働き続けてしまうという選択肢は、決して取ってはいけません。
こうした選択をしてしまったゆえに、自ら命を断ってしまう方も少なくないようです。
ですから、こうなる前に弁護士に、労働環境について相談してみることもできます。

ただ単に自分の不満ではなく、法的に会社の行っていることがおかしいのであれば、きちんと賠償してもらう必要があります。
決して泣き寝入りしてはなりません。