ブルーレイをプレゼントするときはケースにも注意

人に贈り物をするときは、相手のことを考えて選ぶ必要があります。
自分が好むものでも、相手の好みには合わないかもしれません。
特に、食べ物を贈るときは注意したいですね。
家族数などに配慮して、日持ちするものを選ぶのはいうまでもないでしょう。
包装するときは、衛生面にも十分気をつけることが大切です。
そういう意味では、食べ物以外なら気が楽かもしれません。
しかし、取扱いに注意しないと、せっかくのプレゼントが台無しになってしまいます。
光ディスクのプレゼントもそのひとつです。
特に、ブルーレイは保護層が薄く、傷つきやすい性質があります。
なんらかの記念日に、ブルーレイ作成してプレゼントするときは、ブルーレイをしっかり保護できるケースを使いましょう。
ブルーレイ用の不織布ケースもありますが、外部からの衝撃を防ぐためにはプラスチックケースがおすすめです。
もちろん、プラスチックケースが割れないように、気泡入り緩衝材(プチプチ)などで保護することも大事ですよね。
郵送する場合はもちろん、手渡しする場合も例外ではありません。
プレゼントは思い出に残るものだけに、気配りを忘れないようにしたいものです。